ETCカードで審査がゆるいのは?即日可能なの?

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがクレカを持っている方の場合はサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについては複数車両で利用するときの登録は不要になります。

家族や友達と車で遠出をする際に高速道路の利用料金をどうやって支払ってますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

参考:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2019年最新】

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどのさまざまな特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

その理由は、カードの利用規約に載っている本人以外の利用の禁止という項目があるからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の第三者が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

そんな中で免許を取ったばかりの方はETCカードを持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問をしている方を見ます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?インターネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。