ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは元気になって退院していった患者さんが、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、最高にやりがいを実感できます。

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、辞めてしまおうと考えてしまうはずです。

看護師という職業は、男性であってもなれるか、調査しました。

もちろん、女性の看護師が大半であるものの、男性看護師もいます。

患者さんが男性のケースでは、お世話を女性の看護師にしてもらうのが恥ずかしいこともあります。

このような時、看護師に男性がいると非常に喜ばれます。

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときの良い部分と、悪い部分について知っておきましょう。

手術を目前に控えているような患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師としての技術が学べることです。

短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者のケアを行えないことが挙げられます。

一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。

会社員も会社によって給与が違うように、その点は看護師にも同じことが言えます。

町医者と総合病院とでは、どうしても収入に差が出てしまいます。

こうしたことを踏まえても、一口に看護師といっても、平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。

看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない大切な人材です。

であるのに、看護師の待遇はそれほどよくありません。

看護師は夜間に仕事をするケースがあったり、休暇が少ないという厳しい労働環境で、受け取る給料も高くないのです。

看護婦の離職率が、他の職業よりも高いのも、当然ですね。

学校行事の旅行やツアーに同行し、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。

子育てしながら働いている人は土日の待遇が優遇されていたり、日勤のみの職場を追求しているものです。

特別な場所で勤務するには、その場にふさわしい専門の知識を自分のものにしている認定看護師や専門看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。

看護師の方の外来での仕事というのは、病院に、訪れたことがある人なら知っているように、問診や注射、点滴、血圧測定等をしたり、患者さんに医師の指示に基づき、処置をしたりします。

さらに、検査や手術時の移送も看護師の行う仕事となります。

患者と過ごす時間も多いため、病気を治すだけでなく精神の面でも配慮も行っていく必要があるでしょう。

介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、なんといっても、看護師は医師の指示を受け、医療的な行為が可能だということです。

注射などの医療行為は、看護師だけができるのです。

大変ですし、ストレスも多い仕事ですが、胸を張って生涯の仕事と思うナースも少なくないのは、確固たる責任感や使命感があるからと言えるのではないでしょうか。

一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的高給のイメージがあります。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務などハードな職業ですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。

景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。

このような高給で安定した職場という面では魅力のある職業だと言えます。

その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。

その理由としては、仕事を滞りなくこなすためなどでいろいろな業界用語が使用されています。

看護を職とする方でも同様に業界特有の言葉が利用されています。

一例として、心マは心臓に刺激を与える、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使って会話しています。

実際、看護師さんは重労働です。

過労死を避けるように気にかけた方がいいでしょう。

条件が満たされていなければ別の病院への職場を変えることを考えてみてください。

長期治療の必要な病気になれば、思いっきり仕事をすることも厳しくなります。

ご自身の体は周囲の誰も守ることはできません。

準看護師は、手術室に入れないので、さらにプロフェッショナルな部署への転属を望むとしたら、不利でしょう。

準看護師が正看護師と違うのは、勉強しなければいけない時間や試験の難しさなども違うでしょうけど、将来、看護師になりたい場合、正看護師になるという事が基本的になっているといえます。

初めて看護師として働こうと思っても、就職先が上手くいかないという人は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。

一般的に、求人には年齢についての制限を載せていない場合も、病院側の事情で年齢を理由にした不採用を設定していることもあります。

中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。

働いている看護師は数万人いますが、それと比較して、資格を取得していながらも、勤務していない人が五十万人以上存在すると言われています。

日本で4万人の看護師が足りないと考えられているので、その五十万人の中の少しの人でも働くことができれば、この問題も、多少は解決するように思います。

希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことがやはり、面談です。

面接の時に、看護師が頻繁に聞かれる事としては以前の病院での業務内容について、離職理由、この病院で働いたら、したいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。

言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、考えをまとめておくべきです。

関連ページ