レーシックで老眼になる?

レーシックの手術や効果に関しては、いろんな情報が錯綜しているので、中には「レーシックで老眼になる」というものや「レーシックで視力が落ちた」なんていう噂もあったりします。確かに、レーシック治療に限らず、どんな病気の治療でもその効果や結果には個人差があるので、期待していたような結果にならないことはあるでしょう。

しかし、レーシックに限って言えば、もしも手術後に視力が落ちたりすることがあったとしたら、それは手術後にきちんと検診を受けなかったなど、アフターケアをおざなりにしている可能性が高いと言えます。基本的に、レーシック手術のせいで視力が落ちたり、ましてや老眼になってしまうことはありません。

というのは、レーシックの手術は角膜を屈折させて視力を回復させるものなので、視力が落ちることはないのです。

また、レーシックで老眼になるという誤解が生まれるのは、レーシックを受けると老眼だったことに気が付く、と言う方がいるからです。これは、もともとが近視の方に起こりやすい症状なのですが、近視の方というのは近くのものが良く見えて、遠方が見えないという視力症状です。

そこで、近視の方がレーシックを受けると、遠方を見えるようにするために視力が矯正されるので、近視の時に見えていた部分が見えにくくなるという症状が出ることがあります。

そのせいで、「レーシックを受けたから老眼になった」というような誤解をする方がいるので、こういった噂がでてしまうのかもしれません。

しかし、それはレーシックのせいで老眼になったわけではなく、視力矯正のために生じた症状で、異常でもなんでもないのです。