レーシック老眼治療はどこで受けられる?

レーシック老眼治療を受けることが出来るのは、眼科がある病院やクリニック、個人病院や大学病院です。つまり、「レーシック老眼治療」を行っているかどうかを確認すればいいだけと言えます。

ただし、日本眼科学会のガイドラインでは、「レーシックは日本眼科学会が認定する眼科専門医が行うこと」ということが決められています。

ところが、病院やクリニックの中には、レーシック手術の技術を持っていても、日本眼科学会に認定されていない眼科医が執刀するところもあるのです。もちろん、一部の病院やクリニックだけですが、まずは日本眼科学会の認定医かどうかをしっかり確認しましょう。

レーシックというのは、角膜に直接施術を施すものなので、どれぐらい症例を持っているか、どのぐらい高い技術を持っているかということがとても重要になります。あくまでも手術というのはリスクが伴うものですから、ホームページの広告やキャンペーンだけを見て決めてしまうのは危険です。

また、病院やクリニック自体の信頼というのも、メンタル面では重要だと言えます。レーシック老眼治療の費用は明確になっているか、院内の衛生管理は徹底しているか、アフターケアはあるのかというのも併せてチェックしてください。とにかく、レーシック老眼治療はある意味どこの病院やクリニックでも受けることが出来ますが、「レーシック老眼治療」の看板を掲げているから、というだけでは選ばないようにすることが大切です。