老眼治療のアキュフォーカスとは?

最新の老眼治療を調べてみると、必ず目にするのが「アキュフォーカス」という治療方法ではないでしょうか。老眼治療のアキュフォーカスというのは、角膜の中にアキュフォーカスリングを装着するという施術です。アキュフォーカスリングは、コンタクトレンズよりも一回り小さいぐらいのサイズで、ドーナツのような形状をしています。

ドーナツの部分は黒く真ん中に穴が開いているのですが、周りを黒く覆って真ん中の穴だけから光が入ることで、ピントを合わせやすくなって近くのものも遠くのものも見えやすくなるのです。

ただし、アキュフォーカスというのは、ただアキュフォーカスリングを装着するだけではなく、レーシックと同様の手術が必要となります。アキュフォーカスリングを黒目の部分に乗せただけでは、コンタクトレンズと同じでずれてしまったり、外れてしまうことがあります。

ですから、レーシックと同じくフラップという蓋を作らなくてはいけません。つまり、アキュフォーカスの施術をする前にレーシックの施術をするので、医療用のレーザーで黒目の表面部分を切り取ってフラップを作成したら、中にアキュフォーカスリングを装着して、またフラップを元に戻して完了となります。

こう書くと面倒な手術に感じるかもしれませんが、施術時間は15分程度なので、気軽に受けられる老眼治療方法と言えます。

また、アキュフォーカスの良いところは、その視力の効果が半永久的に続くというもので、1度施術をすれば老眼の煩わしさからずっと解放されることが可能です。