老眼治療のモノビジョンレーシックとは?

老眼というのは、近くのものが見えにくくなったり、見ている対象物をいきなり変えると焦点がぼやけてしまったりします。

そのため、物を見る距離によってメガネをかけたり外したり、遠近両用のコンタクトレンズなどを使用しなくてはいけないので、とても煩わしいものです。

その煩わしさを解消してくれるのが、モノビジョンレーシックという老眼治療方法です。

モノビジョンレーシックというのは、片方の視力は遠方が見えるように、片方の視力は近くのものが見えやすいように、視力を調整する手術です。

ですから、モノビジョンレーシックを受ければ、いちいちメガネをする必要もありませんし、コンタクトレンズをつける必要もなくなります。

老眼治療のレーシックというのは、基本的なレーシック手術方法とは異なるものが多いのですが、モノビジョンレーシックはほとんど同じような手術です。レーシック手術と同様に、エキシマレーザーという機械を使って角膜の角度などを調整して視力を矯正するのですが、レーシック手術では両目を同じ視力に調整します。

しかし、モノビジョンレーシックでは、利き目は遠方が見える視力に調整して、利き目じゃない方は近いところが見える視力に調整するというところがレーシックと違うところです。

ですから、両目を同じ日に手術出来ることもありますが、事前の検査結果によっては、片目ずつ日を開けて手術をすることもあります。手術に関しては少々面倒な場合があるのですが、術後に老眼鏡やコンタクトレンズから解放されることを考えると、選択肢に入れたい老眼治療の一つだと言えるでしょう。


老眼治療のモノビジョンレーシックとは?関連ページ

老眼治療の遠近両用眼内レンズとは?
老眼治療のアキュフォーカスとは?