老眼治療のカメラレーシックの手術内容と詳細

以前はレーシック手術では老眼は治すことが出来なかったのですが、技術の進歩によって、今ではレーシックで老眼治療が可能になりました。老眼治療が出来るレーシック手術というのはいくつか種類があるのですが、今一番注目されているのがカメラレーシックという手術方法です。

カメラレーシックの手術内容は、まず適応検査をしてからカメラレーシックをしても問題がないかどうかというところから始まります。ここで問題があれば、当然カメラレーシックは受けられませんが、問題がなければ点眼麻酔をしてフラップの作成をします。フラップというのは、黒目の部分にする蓋のことで、フェムトセカンドレーザーを照射して作ります。

カメラレーシックでは、カメラインレーというアキュフォーカスリングを角膜室内に設置するのですが、このリングを抑える役目をするのがフラップです。

そして、レーシック手術が必要な場合は、エキシマレーザーの照射を行った後、フラップの下にカメラインレーを挿入して設置します。

カメラインレーというのは、コンタクトレンズよりも小さく、黒目とほぼ同じ大きさで、真ん中が空いているリングです。この真ん中の空洞のピンホール効果によって、遠くのものを見えにくくすることもなく、近くのものにぴたりと焦点を合わせることが出来ます。設置が終わったら、カメラインレーがずれないように、またフラップをかぶせるように元の位置にもどして、点眼をすればカメラレーシックの施術は完了です。