老眼治療のカメラレーシックが受けられる条件は?

老眼をしっかり改善出来るレーシック治療方法はありますが、人によっては施術後に遠くが見えにくくなってしまったりするというのがネックでした。

しかし、カメラレーシックの施術方法なら、遠くが見えにくくなることもなく、近くのものを見てもぼやけることがありません。

また、普通の老眼治療の方法では、左右の視力を変えなければならなかったので、人によっては老眼治療が出来ないということがありました。

でも、カメラレーシックだったら左右の見え方を変える必要もないので、普通の老眼治療が出来なかった方でも、治療出来る可能性があります。

しかも、半永久的に効果が持続するので、1度カメラレーシックを受けてしまえば、老眼の煩わしさを感じることなく快適な生活を送ることが出来るのです。

ただ、そんないい事づくめのカメラレーシックですが、施術を受けるためにはいくつかの条件を満たさなくてはいけません。各病院やクリニックによって若干の違いはありますが、基本的には共通した条件というのがあって、まずは白内障や緑内障など眼の疾患がないというのが第1条件です。

ただし、白内障の手術をしてから6ヶ月以上たっている方なら、施術を受けられることがあります。

また、過去にレーシック手術を受けたことがない方、40歳以上であるなどの条件もありますが、カメラレーシックの適応検査で問題がないかということも条件になります。このようにいろいろと条件がありますが、自分で「出来る出来ない」を判断せずに、まずは専門医に相談してみましょう。